住宅ローンは本当に難しいです

町を歩いているとある新築物件等に毎月5万円台から購入可能と書いてある標識があったりしますよね。

これって毎月支払っている家賃に比べてもお得な場合が多いですよね。

これが住宅ローンの良い所でもあり、恐い所でもありますよね。

低金利低金利と住宅ローンを借りやすくなっているからこその、何でも商品はそうですが、自分が欲しい物を吟味して買いたいですよね。

ですがこういったお得な料金を見てしまうとどうしても毎月の支払いを中心に考えて、住宅自体を欲しいとは思っていなくても自分の財産になるのだからいいかと思ってしまうのですね。

住宅メーカーは当然住宅を販売するのが仕事です。

電機メーカーみたいに販売する人は家電量販店で別の会社がやっているという訳ではなく、基本的に分譲等で委託をしている建売等を除けば自社の営業マンが販売する様になっています。

ですので家をどれだけ作ったとしても売らないと経営が成り立たないのです。

ここが難しいポイントなのです。

住宅ローンは家電等と違い簡単に買い替えができる商品ではありません。

殆どの人が一生涯その住宅ローンと付き合っていくのです。

勿論値段も大切なのですが、長い付き合いという事は途中に山場といわれる苦しい場面が訪れる事も多いのが事実です。

その時にしっかりと踏ん張れる様に住宅ローンは自分が納得した住宅メーカーを購入する時に利用したい所です。