住宅ローンの為にもある程度は健康管理をしておきましょう

住宅ローンの審査を通過するのに避けて通れないのが、団体信用生命保険です。

いわゆる団信と呼ばれる生命保険でして、住宅ローンを支払っている最中にもし万が一の事態があった場合に支払いを免除してくれるというものになります。

免除というよりも代わりに支払ってくれるという事になるのですが、この団信に加入できないと住宅ローンを組む事が基本的にはできないのです。

勿論不動産屋さんは売る事が仕事でして、審査に通ってしまえば銀行から会社に入るのでとにかくローンを組む為に色々と協力はしてくれるのですが、それはあくまで会社として売上を上げたいからでして、決してこちら側の事を考えての事ではありませんので大事な判断はしっかりと自分で判断する事が必要です。

実際に万が一団信が通らなくても、他に保証人を立てたり、団信の審査が芳しくない方向けの住宅ローンだったり、フラット35に関しては団信が任意ですので最悪団信に加入しなくてもローンを組む事は可能なのです。

ですがそれならしっかりと生命保険を元々自分の身に何かがあった事を考えて加入しておく事が好ましいです。

といいますのも、団信は残された方の為の生命線なのです。

もし働いている旦那に万が一があった時、妻が専業主婦だった場合次の月からの住宅ローンの支払いはどうするのでしょうか。

貯金で繋ぐ事はできるかもしれませんが、長い間ずっと支払っていくにはかなり厳しいはずです。

そうするとせっかく購入した住宅を売らなくてはいけなくなります。

団信に加入していればそこで免除になったものが、加入していなかったが為に住宅を手放す事にもなりかねないのです。

ですので、住宅を購入するのであれば団信は加入するべきで、加入できる様に日々健康に多少なり意識をもちましょう。