なぜ現時点でローンを組むと良いか

昨今では、日本の金利水準はかなり低めな傾向があります。ここ最近も、政策金利に関する変更がありました。マイナスにする決断になった訳ですが、それは住宅ローンにも大きく関わってくるのです。

住宅ローンの借り換えなどする際に金利が低めである以上は、却ってチャンスとも言えます。なぜなら、今の内にその商品を利用すべきとの考えが浮上するからです。

そもそもその融資商品には、2種類の金利タイプが存在するでしょう。ずっと手数料が固定されるタイプと、動くタイプがあるのです。

それで現在のように低めな水準となると、かえって固定タイプが良いとも言えます。なぜなら過去最低レベルになっている訳ですから、それだけ手数料を安く抑えられるとも考えられるからです。変動タイプでは、今後金利が上昇した時に、手数料が多くかかってしまいます。

それゆえに現時点では、ある意味お金を借りる良いタイミングとも言える訳ですね。今後の情勢次第でもありますが、少なくとも過去最低レベルならば、住宅ローンを利用するのも悪くないでしょう。