未分類」カテゴリーアーカイブ

住宅ローンの基礎は金利の種類から

住宅を購入するにあたって住宅ローンを組む人は多いでしょう。住宅ローンには金利の種類が大きく分けて3種類あり、どれかを選択することになります。金利の種類は住宅ローンを知る上で基本となる情報ですから、これを知った上でどれを選ぶか決めると良いでしょう。

まず1つ目は全期間固定金利型です。これは借入れから返済完了までの全期間、同じ金利が適用されます。すなわち、返済額が全期間で変わらないタイプのものです。有名なフラット35はこのタイプに属しています。ただし、3種類の中では金利は高めに設定してあります。

2つ目は変動金利型です。半年に一度金利が見直されます。しかし、実際に返済額の見直しがあるのは5年後です。その時に金利が上昇していれば返済額が上がることになりますが、上がっても以前の金額の1.25倍までとなります。金利は低めの設定ですが、金利が上昇したときに返済額が上がるリスクがあります。

そして3つ目は固定金利期間選択型です。当初の何年かは固定金利が適用され返済額も一定ですが、固定金利の期間が終わると、変動金利型にするか、また固定金利選択型を選ぶようになります。固定金利の期間が何年なのかは各金融機関によります。当初の固定金利期間は金利が低めでも、その後金利が上昇すると返済額が上がることになります。

まずはこれらの種類を知って、それぞれの家庭に合う住宅ローンを選ぶようにしましょう。