月別アーカイブ: 6月 2016

リフォーム前に必ず確かなイメージを持っておこう

新築住宅とは違い、リフォーム前にリフォーム後の住宅を直接確認することはできません。そのため、人によってはイメージと違う住宅になってしまうケースも珍しくありませんが、そうならないためにもリフォーム前に確かなイメージを持つようにしておきましょう。

では、具体的に確かなイメージとはどのようなことでしょうか。大切なのは、立体的にイメージすることです。図面だけではイメージすることが難しいかもしれませんが、家具を置くスペース、収納スペースなどを細かくチェックすることでイメージができあがるはずです。
実際にそのものが入るのか、玄関収納の内装リフォームをするなら玄関で実際にサイズをメジャーなどでチェックするのです。

また、過去のリフォーム内容から実際のできあがりを見せてもらうことでもある程度のイメージが湧き上がるはずです。
リフォーム前から完璧なイメージを持つことは大変かもしれませんが、リフォーム後やり直そうと思ってもそれは不可能な話です。家具を置いた後までしっかりイメージすることで、リフォーム前後のイメージの乖離を避けましょう。